AFTCコンシューマーレポート

公取協の消費者関連事業への取り組み状況について

消費者関連事業への取り組みとして、相談窓口における相談受付対応の他、各地区の消費生活センターとの連携の強化に取り組む等、様々な事業を行っています。
 今回は、平成22年度の消費者関連事業への取り組み内容をご紹介いたします。

相談対応に関する研修会等の開催
1)消費生活センターの相談担当者を対象とした研修(18地区で実施)
 各地区消費生活センターとの連携を強化することにより、消費者相談への円滑な対応を図るため、消費生活センターの相談窓口の担当者を対象に、相談受付状況等に関する情報提供や消費者相談への対応方法に関する研修等を実施しています。
(平成22年度に実施した研修会)
[1] 「消費生活相談員養成研修講座」
青森県、栃木県、山梨県、兵庫県、千葉県、岩手県、三重県、札幌市、長野県、群馬県
富山県、松戸市

[2] 「消費生活センターレベルアップ研修会」
川崎市、富山県

[3] 「消費者相談受付担当者研修会」
石川県、大阪府、埼玉県、宮城県、東京都
(主な研修内容)
・平成21年度の公取協における相談受付状況(受付件数の概要と主な相談事例)
・当協議会発行の新車、中古車の相談対応マニュアルに基づく苦情、相談への対応方法に関する
  研修

前のページへ コンシューマーレポートTOPへ 次のページへ