必要表示 -広告-

展示車広告通信販売
中古車の広告の表示に関するルール
新聞、雑誌、インターネット等の広告に販売価格を表示する場合は、品質(走行距離数、修復歴の有無等)や塗色等が表示されています。
これらの情報をもとに比較検討して下さい。


雑誌広告の表示例
 


イメージ

※表示事項については、広告スペース等の関係からマークで表示されることもあります。


  1. 車名、主な仕様区分

  2. 初度登録年月(軽自動車にあっては初度検査年)
    登録車は初度登録年月(年で表示されることもあります)、軽自動車は初度検査年を表示しています。

  3. 販売価格
    店頭で車両を引き渡す場合の現金販売価格を表示(消費税を含めて表示)しています。

  4. 走行記録数
    走行距離計の示すキロ数を表示しています。
    • キロ数に疑義がある場合は、「?」の記号と推定できる根拠がある場合は推定キロ数、推定できる根拠がない場合は「不明」と表示されています。
    • 走行距離計が改ざんされている場合「改ざんされている旨」を表示しています。
    • 走行距離計を自社で取替えた場合、取替え前・後のキロ数を表示しています。

  5. 使用歴
    自家用、営業用、レンタカ−、その他の使用歴を表示しています。(自家用の場合は省略されることがあります)

  6. 自動車検査証の有効期限
    有効期限の年月日を表示しています。(年月で表示されることがあります)

  7. 前使用者の点検整備記録簿の有無
    展示時点から遡り2年以内に定期点検整備が行われ、その点検整備記録簿が展示車両に備え付けられている場合に「有」と表示されています。
    その他の場合は「無」と表示されています。
    「有」の場合、定期点検整備の内容を付記しています。

  8. 保証の有無
    「保証つき」の場合、「保証内容」、「保証期間又は保証走行距離数」を付記しています。

  9. 定期点検整備実施状況
    イ 定期点検整備を実施して販売する場合、「定期点検整備あり」と表示されています。
    • 販売(展示)時までに実施する場合「済」と表示されています。
    • 販売時以降、車両引渡し時までの間に実施する場合、「納車時」と表示されています。
    ロ 定期点検整備を実施しない場合、「定期点検整備なし」と表示されています。
    • 要整備箇所がある場合は「要整備箇所については尋ねられたい旨」が付記されます。


  10. 修復歴(車体の骨格にあたる部位の修正及び交換歴)の有無
    自動車公正競争規約及び一般財団法人日本自動車査定協会が定める修復歴の判断基準に基づき車体の骨格に当たる部位の修正あるいは交換歴があると判断された場合に「有」と表示され、別途書面により修復箇所が表示されます。

  11. 塗色

  12. 車台番号(下3桁以上)

  13. リサイクル料金の表示
    <預託済中古車(リサイクル料金が既に預託されている中古車)の場合>
    (1) 販売価格にリサイクル預託金相当額を含めないで表示する場合
      「リサイクル料金が預託済である旨及び価格にはリサイクル預託金相当額が含まれていないため、別途必要である旨」が表示されます。
    また、当該中古車にリサイクル料金に含まれない装備(後付けエアコン等)が付いている場合は、併せて「廃棄時にリサイクル料金の追加が必要な装備が付いている旨」が表示されます。

    (2) 販売価格にリサイクル預託金相当額を含めて表示する場合
      「リサイクル料金が預託済である旨及び価格にはリサイクル預託金相当額が含まれている旨」が表示されます。
    また、当該中古車にリサイクル料金に含まれない装備(後付けエアコン等)が付いている場合は、併せて「廃棄時にリサイクル料金の追加が必要な装備が付いている旨」が表示されます。

    <未預託中古車(リサイクル料金が預託されていない中古車)の場合>
    「リサイクル料金が未預託である旨及び廃棄時にリサイクル料金の支払いが必要になる旨」が表示されます。

    ※上記表示はマークによって表示されることもあります。

    【マークの注記例】

    リ済別 リサイクル料金が預託済ですが価格にはリサイクル預託金相当額が含まれていないため、預託金相当額が別途必要となります。
    リ済込 リサイクル料金が預託済で、価格にはリサイクル預託金相当額が含まれています。
    リ未廃  リサイクル料金は未預託のため、廃棄時にリサイクル料金の支払いが必要となります。