平成28年10月よりバイクオークション、中古二輪車情報誌の走行距離の表示ルールが規約に準拠したものに変わります!

バイクオークション、情報誌の「走行距離の表示ルール」の変更点 1)オークション出品、広告掲載、小売り、いずれの場合も、規約に基づく4つの区分で表示されます 2)メーター交換時に、交換前・後のキロ数等を記入した「走行メーター交換記録シール」をフレームに貼付したバイクは、実際の走行距離数が分かる「走行メーター交換歴車」として流通されます 3)メーター交換時の記録(交換前・後のキロ数等)の無いメーター交換車両は「減算車」として扱われます

変更点3 メーター交換時の記録(交換前・後のキロ数等)の無いメーター交換車両は「減算車」として扱われます

走行メーターが交換されているが、交換記録の無いバイクについては、実際の走行距離数とメーター表示値が異なることが明らかであることから、オークション、広告、販売、どの場面においても「走行距離減算車」として扱うことになります。
イメージ

走行距離減算車の表示

バイクオークションでは... 店頭プライスカードでは... 中古二輪車情報誌では...

「走行距離減算車」を実走行距離として表示・販売すると関係法令に抵触します。絶対に行わないこと。

「減算車」を実走行距離として表示 景品表示法「有利誤認・優良誤認」二輪車公正競争規約「走行距離数に関する不当表示」
「減算車」を実走行距離として販売 契約無効・取消の申し出に応じる必要があります民法「錯誤無効」「詐欺取消」消費者契約法「重要事項の不実告知」
※刑法上の詐欺罪、不正競争防止法違反に問われることもあります
走行距離表示に関するFAQへ進む