信頼されるバイク販売のために

みなさまに信頼されるバイク販売への取り組み 二輪車業界では、バイクに関する適正な商品情報の提供と販売店の公正な販売を推進する目的で、公正取引委員会に認定を受けたルール(二輪車公正競争規約)を独自に定めています。みなさまが新車・中古車を問わず「適正な表示」により必要な情報をどの会員販売店でも共通の形で受け取れる体制を作り、二輪車業界がより安心な市場として活性化するよう、公取協及び会員店は様々な活動を行っています。

公取協会員店の取り組み

公取協の会員店は「安心して購入できる販売店」を目指し、以下のような取り組みを行っています。各項目をクリックすると取り組みの詳細がご確認いただけます。

新車・中古車共通

店頭展示車に対する「プライスカード」の表示
雑誌、新聞、インターネット等、広告掲載に対する必要表示の遵守
購入者に対する「契約書(注文書)」の交付(保証付きの場合は「保証書」を含む)

中古車

公取協監修「品質評価書」による品質評価の表示(品質評価者在籍店の場合は、更にステッカーを掲示)
走行メーターに交換・改ざんがあった場合の告知(情報提供)

下取り

公取協監修の「品質評価書」による査定及び「品質査定書」の交付

公取協の取り組み

公取協は、公正取引委員会から認定されたルールである「自動車公正競争規約」を運用する機関として、昭和46年12月に設立された公益法人で「信頼されるバイク販売」を目指し、以下のような取り組みを行っています。

バイク売買に対する取り組み

バイク売買に関する電話相談室の設置
雑誌、新聞、インターネット等の広告掲載による推進活動
消費者によるモニタリング調査(年1回)、アンケート調査(不定期)

会員店に対する取り組み

公取協監修アイテムの提供(プライスカード、品質評価表、ステッカー等)
二輪車公正競争規約に関連する資料・情報提供
トラブルの未然防止に関する情報提供、窓口の設置
品質評価者等の講習会の開催
規約指導員による会員店へのチェックやアドバイス活動

その他

二輪関連団体、消費生活センター、地方自治体関係者との意見交換会、トラブル防止に関する勉強会の実施等