AFTCコンシューマーレポート

I.相談受付件数
平成18年度の相談受付件数は5,968件で、前年度の6,272件を下回った(4.9%減)。【表1】 過去3年間の月別相談受付件数を見ても件数に大きな変化は見られない(月平均497件)。【表2】
 
 
【表1:月別相談受付件数の推移】
【表2:月別相談受付件数の推移(グラフ)】
  取引形態の内訳では、新車関係が966件(16.2%)、中古車関係が4,093件(68.6%)、その他(下取車、買い取り、整備関係を含む)が909件(15.2%)であった。【表3】  前年度との比較では、新車 関係が18件(1.8%)減、中古車関係が390件(8.7%) 減、買い取り関係が62件 (17.4%)減となっている中 で、整備関係が51件(31%) 増となっている。新車関係と中古車関係を 比較すると、新車関係が約19%、中古車関係が約81%となり、この状況は前年度とほぼ同様である。
 
 
【表3:取引形態の内訳】